きちんと細分化すれば、たいていのことはできるようになる

私は、幼稚園の年長だったか、小1だったかの頃から、20歳以上まで、ピアノを習っていました。

ピアノを習っていたといっても、前向きに通っていたわけではありません。練習も全然しませんでした。教室の中の30分が、1週間の練習時間の全てだった時期だって、圧倒的に長いです。

ちょっと頑張れば…

それでも、曲によっては、『全音ピース』の最高レベル”F”を弾けます。

また、たいていの曲は、ちょっと頑張れば弾けるようになるという自信もあります。全然下手でしょうけど(笑)

なぜ、「たいていの曲は、ちょっと頑張れば弾けるようになる」なんて思えるのか。

それは、頑張り方を知っているからです。

小節に分けて練習する

どうしても弾けるようになりたい曲があったとしましょう。

そしたら、1小節に1時間かけて練習すればよいのです。さすがに、1小節に1時間もかければ、上手かどうかは置いておいて、その小節はちゃんと弾けるようになるでしょう。

何個かの小節を練習したら、つなげて弾いてみます。それで弾けなかったら、次はつなげて弾く練習をすればよいのです。

全部で50小節あるなら、50時間でも、100時間でもかければよいのです。500小節あるなら、500時間でも1000時間でもかければよいのです。

これが『ちょっと』?

『ちょっと』だと思いますね。だって、やりさえすればいいんでしょう?

もちろん、プロになろうと思って、素晴らしい演奏ができるようになろうと思ったら、そんな練習では当然ダメでしょう。

残念ながら、私はピアノの天才・ピアニストを目指しているわけではありません。

一方、ピアノの天才・ピアニストを目指すなら、こんな努力じゃ全然足りないわけです。

時間をかける意味は?

そんなに時間をかける意味があるのかって?

だって、今の話は、「どうしても弾けるようになりたい曲」の話をしてるんですよね。だから、できるようになるまでやればいいのです。

もちろん、もっと効率的な取り組み方があるかもしれません。他の曲をもう少し練習してから取り組んだ方が、効率がよいのかもしれません。

でも、それはそれ。

大切なことは、「できるようになるまでやる」ことなのです。

ちなみに…

ちなみに、『幻想即興曲』のように、右手と左手のテンポが異なる曲や、『月光ソナタ(第三楽章)』のように、超絶な早さで弾かなければいけないものは、このやり方でも、私のレベルで弾けるようになる気はしません。

だから、「たいていの曲」という言い方をしたのです。

なお、何曲か、一生かけて、これから30年でも40年でもかけて、弾けるようになりたい曲があります。なかなか、1日に1小節の練習もできませんが。

これは所詮、私の覚悟の問題なのです。