人材育成|初回研修

初回のテーマ

  • 総務の役割は
  • 会社は誰のものか
  • 憲法9条の読み込み

各テーマの狙い

総務・経理の役割は

会社によって、総務の役割は大きく異なります。

例えば、宝石や小物を売る会社では、『展示会』の調査や予約の比率が多いかもしれません。一般的な企業、病院、美容院、飲食など、業務内容は大きく異なるでしょう。

そういう世の中一般のことを調べた上で、自分の会社ではどうなのか、どういう役割が求められているのかを考えます。

加えて、『サポート役』というような大きな言葉を、しっかり要素に細分化する必要性についても、説明したいと思います。

会社は誰のものか

報告する場合の型を身につけるための課題です。

「会社が誰のものか」というテーマは、世の中に様々な意見があります。それを、単に読み上げても、「それで、結論は?」と言われてしまいます。

大事なことは、自分の意見と根拠に説得力を持たせることです。説得力があって、しっかり分析した形跡や証拠があれば、経営者は、その形跡や証拠を確認することなく、その結論を信じることができます。

憲法9条の読み込み

憲法9条は、『法律』の読みづらさの宝庫です。

憲法9条について報告・説明してもらうことで、『条文を読む』『行政文書を読む』時の大切な視点を説明します。

  • 『前項』の目的って何?
  • 自衛戦争は可能?
  • 交戦権って何?

この3つは、学術的にはある程度の結論が提案されています。しかし、一般人の感覚とは大きく乖離した結論でしょう。

それが、『行政』というものであって、『条文解釈』というものなのだと、理解してもらいます。