受験一般|カリキュラムとの付き合い方

カリキュラムは誰のため?

塾のカリキュラムは、当たり前ですが、『全生徒』のために作られているわけではありません。しかし、だからといって、『自分』のために作られているわけではないことも、当たり前ですね。

では、誰のために作られているのか。概ね、平均的な生徒のために作られてるといって問題ありません。

カリキュラムをしっかりこなしていけば、問題ない?

実は、そうともいえないのが、カリキュラムです。分けて考えてみます。

上位クラスのカリキュラム

上位のクラスで、カリキュラムをきちんと消化したとしましょう。しかし、さすがは上位のクラス。カリキュラムぐらい、みんながしっかり消化しています。

ですから、カリキュラムをしっかりこなすだけで良いと思っている人は、ほとんどいません。それでもカリキュラムをしっかりこなすのは、うっかり穴が見つかったり、忘れているところがあると、困ってしまうからなのです。

平均かそれ以下のクラスのカリキュラム

平均クラスで、カリキュラムをきちんと消化したとしましょう。

きちんとカリキュラムを消化しながら、なぜ平均クラスなのか。それは、それまで取り組んできたことに、穴があったからです。

「穴になっている部分がまた訪れた時に取り組めばよい」

そう思って放置している人も少なくありません。

しかし、残念ながら、再度登場する時には、少し難易度が上がって再登場します。その時に人に追いつこうとしても、元々穴になっているようなところです。もっと苦戦して、もはや苦手分野になってしまうかもしれません。

そうならないためには、「穴がある」と意識したときに、しっかり穴をふさぐ必要があるのです。

クラスを上げたい、少しでもレベルを上げていきたいと思ったら、そのような取組みを継続的に行いましょう。そうでなければ、いつまでたっても『平均クラス』から上には進めません。

塾・予備校のカリキュラムの弱点

塾・予備校のカリキュラムには、大きな弱点があります。カリキュラムに従って勉強しても、決して効率的な学習にはなりません。

どういうことか。

塾や予備校のカリキュラムは、誰がどんな時期に入学しても、一通りの範囲を消化できるようになっています。このことによって、ある2つの大きな問題が発生します。

  • 得意分野を増やしづらい
  • 苦手分野が放置されやすい
得意分野を増やしづらい

せっかくある分野が得意になりそうだとします。しかし、次の月には別の単元に飛んでしまいます。

その単元がもう一度出てくるのは半年後?1年後?その頃には忘れてしまっていて、『振り出しに戻る』というような状況になります。

このようなカリキュラムでは、いつまでたっても、その単元を得意にさせてくれません。

苦手分野が放置されやすい

ある分野が苦手なまま放置されたとします。

その単元がもう一度出てくるのは半年後?1年後?しばらく見なくて済むので、しばらくその苦痛を忘れておくことができます。

再度出てきても、同じレベルのクラスメイトは、だいたいみんなも忘れていますから、最初はできなくても、そこまで苦痛がありません。

カリキュラムの出てくるままに勉強していたら、いつまでたっても得意分野を増やせないまま、塾・予備校の良いお客様になってしまう可能性があります。

カリキュラムはそれでも重要

カリキュラムをしっかり消化していくことは、非常に重要です。そのことは否定しません。自分が個別指導塾の校長だった時にも、生徒・保護者には、集団指導の併用を勧めていました。

というのは、周りとの差が分かりやすく、自分の弱点を意識しやすいからです。

個別指導の弱点

個別指導では、延々と同じ単元を指導することもできてしまいます。その環境だけでは、ゴールまでの時間を本人・保護者が意識するのが難しいのです。

その点、集団指導を受けていると、カリキュラムはどんどん進んでいきますから、自分の位置や弱点を、嫌でも意識させられます。そして、カリキュラム表があることによって、何にどれだけ取り組めたか、どれだけ放置しきてきたを、把握することもできます。

長期休暇・連休をしっかり活用する

長期休暇や連休は、自分の弱点をしっかりつぶすのに、最高のタイミングです。

普段は、塾・予備校や学校のカリキュラムを消化するのに、一杯一杯になってしまうでしょう。だからこそ、「長期休暇中/連休中に何をしたか」は非常に重要です。

長期休暇中

長期休暇は、ある程度大きいテーマを扱い、苦手分野の克服と、得意分野の構築に、バランスよく取り組みたいところです。

英語なら、文法を基礎からしっかりやり直す時間にできます。

to不定詞や関係代名詞といった、大きい単元の全体的な学習も可能です。『志望校の全訳に取り組んで把握しておく』というような時間を設ける余裕もありますね。

算数や数学なら、まずは絶対にできるようにならなければならない単元を。

分数の計算が苦手な人は少なくありません。1か月かけて、「どんな計算でもミスなくできる」ぐらいになるまで、しっかり取り組んでおきたいところです。

連休中

長期休暇と違って、連休では、思い切った選択と集中が重要となります。「あれもこれもやったものの、結局疲れただけ」とならないように気を付けなければなりません。

優先順位については、以下のように考えましょう。

  1. 致命的な弱点になっている単元を1つ、徹底的につぶす
  2. 基礎訓練に徹底的に取り組む
  3. 今後ポイントになりそうな単元に集中的に取り組む

大切なことは、「あれもこれも」にならないようにすることです。

もちろん、「1つの単元を3日間みっちりずっとやり続ける」なんてことは飽きてしまいますから、多少の選択肢は設けます。それでもなお、「何だけは絶対にモノにする」という意識は忘れず、しっかり完遂するようにしなければなりません。

時間の使い方は要注意

普段は、学校・塾・予備校のカリキュラムに一生懸命になってしまうでしょう。大切なことは、そこから解放された時の時間の使い方です。

長期休暇・連休の講座

長期休暇や連休に、塾・予備校のいいなりになって、講座を入れていませんか?その講座は、きちんと『自分の弱点を克服できる』内容になっているでしょうか。

「1日目の単元は何、2日目の単元は何」というような、ダイジェスト講座になっていたら要注意です。毎日単元が変わる講座は、特に穴もない人のためが、念のために取り組んでおくような、復習のための講座です。

1か月かけてもなかなかつぶせない内容のものを、1日講座を受けて何とかできるはずがありません。予習も苦しい、復習も苦しい。授業を受けただけ。そんな風になる可能性が高いでしょう。

学校休暇の使い方

創立記念日や試験休みなど、学校の授業も、塾・予備校の授業もない時を、どのように過ごしていますか?

もちろん、時には息抜きも大切です。しかし、そういう時ほど、何かにしっかり取り組むチャンスです。

1日何かに取り組むとしたら、何に取り組みましょうか。長い時間を使える日を、無駄にしてはいけません。1つ1つ弱点をつぶしていくことで、受験直前に後悔しないで済むのです。

個別指導を受けてみませんか?

受験直前のことを考えた、戦略的な取り組みしてみませんか?

まずは、何をどのように取り組むか、一緒にしっかり分析してみましょう。そしてまた、「何をやらなければならないか」が分かっていても、それを正しく実行していくこと自体、簡単ではありません。

効率的に、妥協なく、弱点をつぶすために。一緒に戦略的に対策していきましょう。


ウェブサイト管理者

私立開成中学・高校卒
私立上智大学法学部・法学研究科卒

広告代理店・経営コンサルティング会社を経て独立。法律・広告などの知識をバックグラウンドに、幅広い分野で活躍。大手企業他、官公庁の広告類や就業ルール改定なども実施。海外進出のプロジェクトマネージャーや、大手学習塾や社会保険労務士法人における現場責任者の経験もある。

プライベートでは、国内外及びオンラインのポーカー大会に参加。5218人が参加した大会で準優勝など。世界一を目指して研鑽中。


フォローする